コミックマーケット74新刊情報

珍しく原稿に追われていない余裕のあるコミケ前なので、ついでに新刊の案内というものをしてみます。

タイトル夏祭り
版型A5縦・右綴じ・36頁
表紙イラストC74表紙イラスト
収録作品
夏空の花(久家拍徒)

鷹津絵里と繪原晶子の美術部×文芸部コンビのお話です。高校二年の夏休み、寮に残った二人を呼ぶ声が……

「なにこっち見てるのよ」  晶子は着替えを続けながら言った。 「いや、いつ見ても肌が白くてきれいだな、って」 「はいはい。ただでさえ暑いんだからそういう暑苦しい視線を向けない。だいたい同室なんだから、着替えぐらい見飽きてるでしょうに」
儚く消えるもの(九条伊織)

久しぶりの幾島佳織と生方彩乃の卓球部コンビです。断ったはずの夏祭りに佳織と連れだって出かけることになってしまった佳織の内心は?

 いや、帰り道で話題に上ったときにきっぱりハッキリと断ったのだ。 『ごめんね。お祭りとか人の大勢集まるところは苦手なの』  この言葉を聞いて、承諾の意を汲む人はいないだろう。 「ふふっ。お祭りってなんだかどきどきしますね」  それなのに、日も暮れかけた夏のあぜ道をこうして彩乃に手を引かれて歩いているのは何故なのだろう? 「あ、屋台の灯りが見えてきましたよ。ね、着いたらリンゴ飴たべましょうよ、リンゴ飴っ。舌が真っ赤になって面白いですよ」
Promised(御月さくら氏)

創作小説サークル「翼鈴」の御月さくらさんのゲスト原稿です。幼なじみの美夏が夏祭りに一緒に行こうと強引に誘ってきた、その理由とは……

「お祭りに行こう!」  それはいつもの気まぐれだったのか、それとも私と同じ夢を見たからなのか。  私は久しぶりにどこかへ行くのもいいかな、とも思ったが、あることに気づいて首を振った。 「えー、どうして?」 「だって、浴衣ないよ」 「そっかぁ……」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hisaka.whitesnow.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/139

コメント(2)

どうもお久しぶりです。
今年も寄らせていただきます。

知り合いが同じ「れ」の列の64に配置されてるようです。
漁船と魔法少女とか訳の解らないジャンル構成になってるのでひやかしにでも寄ってみて下さい。
まあ、うちもシューティング、デスクトップマスコット、TRPGに馬が追加されてさらにカオスになってますので人のことは言えませんがねえ・・・。

私は二日目のモ18Aに共同出店しております。
弱小ジャンルなので落選サークルを全部レスキューしたら2スペースで新刊6、既刊90とか訳の解らない惨事に(笑)

おひさしぶりです、狼牙改さん。
コメントに全然気づかずに申し訳ございませんでした。

今回「れ」の列はミリタリあり、旅行記あり、ペットものもあり、という本当にノンジャンルでしたね。
これもコミケらしくっていいな、と思います。

新刊、いかがでしたでしょうか?
読んで楽しんでいただけたのでしたら、作り手冥利に尽きます。

コメントする

2012年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.1